リアルエステート仮面④

今日は申し込みしたセミナーの日だ。

初夏の土曜日午後1時。新宿。リツコは速水さんに会えるので、昨日は美容院にいって、寝る前にパックした。好きなワンピースを着て気合いを入れて化粧すると、35歳には見えなかった。姿見を見ながら

「ヒヒヒ、まだまだイケテンジャン~~~~ムフ~~~~‼️」と独り言を言った。部屋を出て、階段を降りていくと母親とバッタリ会った

「あら~~~リツコ‼️今日はズイブンとオメカシしているじゃないの~~~~」あまりにもニヤニヤしているので、ムッときて「ウルセーンだよ‼️ダマレ‼️」と叫んだ。「オ~~~~~~コワイ、コワイ」と茶化すように言われた。リツコは母親が苦手だった。弟ばっかり可愛がる、この女。自分では何も努力しないクセに評論ばかりする。プライドが高く見栄っ張りだ。小さい時は可愛がって貰おうと随分と勉強した。でも、この女は、そんな自分より分数もロクに出来ない弟が好きなのだ。いつの頃からか、まともな会話はしなくなった。

リツコは、電車に乗ると頭の中は期待で一杯になった。「もし、速水さんが自分にピッタリの不動産を用意してくれてたら何て言おう⁉️目を見ながら、嬉しいです‼️……イヤ恥ずかしくてムリだ。その後お食事でも!とか言われたら、どうしよう~~~~~‼️」あまりにニヤケテいたらしい。目の前に座っていた品の良いおばあさまに「楽しそうね〜〜若いっていいわね〜」と話しかけられ、ハッと我に返った。ちょうど新宿に着いたので会釈して慌ててホームに降りた。

会場はビルの2階で広さは78mmぐらい。北側が窓になっている部屋だった。速水さんがいないかキョロキョロした。「まだ来てないのかな~~~」適当に座った。ぼーっとしているとダンダン会場が混んできた。後10分で開始致しま〜す。というアナウンスが入った。「あの、隣、いいですか?」ふと見ると、アラフォーの男性が立っている。リツコはロクに見もしないで「どうぞ」と言った。「ありがとうございます‼️イヤ~~~電車を1本逃がしちゃってギリギリですよー。」「あ〜そうですか」と、リツコは見もしないで答えた。「これより当店主催の無料セミナーを開始致しま〜す。タイトルは      今、トレンドな投資法は何⁉️コレしかない‼️目指せアーリーリタイア‼️      です。」

つづく人気ブログランキングへ

リアルエステート仮面③

・収益物件なら中川家!登録しないと始まらない

・不動産投資はこんなに怖い!失敗しないための個別相談会

・あなたにぴったりの投資法

たくさんヒットした。リツコは上司も消えたし、急ぎの仕事も無いし、食い入るように画面を見つめながら、かたっパジから凄いイキオイで読み始めた。「うーん、ナルホド〜スグに300万から1000万になる具体的な方法は、どうやら、どこかの誰かに直接聞かないとダメみたいだな~~~どの文面も細かい具体性まで載ってないなぁ……ウーン、取り敢えず、収益不動産ってヤツを売ってる会社に行って見るか……」リツコは少しクールダウンして、仕事をやり始めた。上司が早めに帰っていいと言っていたので、2時に切り上げる事にした。「チョット速すぎるかな……まあ、イイヤ」

リツコがいつも乗ってる電車の窓から広告が見える。「私達に、お任せください。キットあなたを満足させます。収益不動産、地域ナンバー1‼️」取り敢えずこの不動産会社に行ってみた。

「すみません………」「いらっしゃいませ〜」受け付けのキレイなお姉さんが出てきた。名札に森野と書いてある。「どのような御用件でしょうか?」「あの~~~私……収益不動産が欲しいんですよ〜」森野さんはリツコを見て笑顔だが、笑ってない目で「わかりました。少々お待ちくださいませ〜〜」と言って、奥の方へ消えて行った。奥から中年の高そうなスーツを着た男の人が出てきた。身長は169cmぐらい、体重は82kgぐらい。タバコ臭くて顔が黒い。腹だけスゴく出てる。「どういった物件をお探しで?」「あの……私、良くわからないんですが、雑誌で年収300万でも2年で年収1000万っていうのを読んで………」男はロコツにマタカっという顔をして、「アーーーそう、じゃあ取り敢えずこの用紙に記入して‼️」ナゼか、口調が強かった。用紙には住所、氏名、電話番号、働いている会社、年収、勤続年数、預金、資産背景など個人情報が全てわかるような質問が並んでいた。リツコはギョッとした。「すみません、これ書かないとダメなんですか?」男は明らかに、イライラしたカンジになった。「あんたね~~~収益物件っていくらぐらいのが欲しいのよ。あんたみたいな人がたくさん電話してくんの。紹介しようにも買えないんだったら意味ないでしょ⁉️」リツコはムッとした。「どうゆう意味ですか?」「だーかーらー、1億や2億もするような物件買うのに現金でポンって買えないでしょ⁉️」「はあ⁉️」「アー、あんたね~~~全然何にも知らないんだね〜〜。雑誌を読んでいきなり店に来る人も珍しいよ。」表情が少し優しくなり、「あんた、いくらぐらい預金持ってるの⁉️」と聞いてきた。リツコはさすがにこのぐらいは答えないとダメかと思い。「2000万ぐらいです………」と蚊の鳴くような声でボソボソと言った。トタンに男の顔が明るくなった。「家は持ち家?お父さんの?どの辺かだけ教えてよ〜〜。」オカマみたいに身体をよじりながら聞いてきた。顔が近い。しかも息が臭い。「あの、あの、私やっぱり失礼します‼️」リツコはバネ仕掛けの人形のように飛びあがり店を走って出ようとした。森野さんが冷たい麦茶をお盆に乗せながら「お客様~~~~!」と言っている。「ご、ゴメンなさい‼️」凄いイキオイで角を曲がると思わず膝を抱えてしゃがんだ。「はあ~~~~~~~~~怖かった…………」「イヤ、マジヤバイだろ」リツコはその態勢でしばらく考えた。「不動産を貸すんだから、どんな物件が人気があるか賃貸の不動産会社に行って聞けばいいんじゃん?」我ながらいいアイディアだと思った。スクッと立つと最寄り駅の目の前にある不動産会社に入った。ケインコスギが黄色いジャケットで揺れている。「いらっしゃいませ〜」全員が一斉に挨拶した。「どういったものをお探しですか?」「あの……私、収益不動産を購入しようと思っているのですが、どういった物件が人気がありますか?」「お客様が購入なさるのですか?」取り次いでくれた、若い男の子がビックリした様な顔で少々お待ちくださいませ〜〜と言って、店の奥のデスクでパソコンをイジッテいた男の人に耳打ちした。男の人はキラリと光る歯を見せながら颯爽と歩いて来た。身長179cm、体重78kgぐらい、どう見ても38歳ぐらいにしか見えないがキット48歳以上だろう。「お客様、収益不動産をお探しですか?」「は、ハイっつ❗️」爽やかな笑顔でこちらを見てる。「ヤバイ、い、イケメンだ~~~~‼️」リツコは心の中で叫んだ。顔が赤くなるのが自分でもわかる。

名札に速水と書いてある。「速水はイケメンの名前だな」などとくだらない事を考えていたら、サッとファイルを取り出し開き差し出した。「こちらが当店で取り扱える収益不動産でございます。失礼ですが、お客様はどの様な物件をお探しですか?」「あの、あの、2年で1000万ぐらいになれる様なの下さい‼️」叫ぶようにリツコは言った。他の従業員が下を向いてクスクス笑っている。速水さんは手を組むと「お客様、雑誌を読まれたのですね〜〜自己資金はおいくらぐらいですか?」「2000万ぐらいです。」速水さんの表情が変わった。「それは、スゴイですねー。お客様のご預金でございますか?」「ハイ」リツコはケチだった。小さい時から貰ったお金はほとんど使わずに貯めている。しかも、くじ運が良く、23歳ぐらいの時に初めてやったロト6で876万円当たったのだった。「今の会社は大学卒業してから変わりましたか?」「いいえ、ずっと同じです。」「ほおー真面目ですねー。失礼ですが、1人暮らしですか?」「いいえ、両親と弟と住んでます。今度弟が結婚して同居するので、自分もマンションでも買おうかなと考えている時に雑誌を読んだんです。」「なるほどーーそうだったんですね〜〜。お客様、こちらの店舗は賃貸物件がメインなんですが、私どもはこういった活動もしております。」と言って、おもむろにカラーコピーした紙を差し出した。そこには無料セミナーの案内が書かれていた。「お客様はラッキーですよ‼️ちょうどさっき一名だけキャンセルが出たんです。申し込みますか?」「あ、ハイっつ❗️是非‼️」リツコは差し出された申し込み用紙に氏名、住所、電話番号を書き込んだ。

つづく

  
 人気ブログランキングへ

妄想捏造連載小説  リアルエステート仮面②

朝、5時半に目覚ましがなった。ハッツと起きると鏡を見た。「ヒドイ顔だわ…………。」服を脱いで下着のまま、風呂場に行ってシャワーを浴びた。髪を乾かしていると、弟が背後に近ずいてきた。弟は6歳年下で29歳だ。

「オ~~~~~~、ネエチャン、久しぶりだな」「あーねー…」「部屋の事、ゴメンな」「……」もう決定なのか。マイッタナと思った。「彼女何歳だっけ?」「うん?24歳だよ。可愛がってやってよ。」この可愛がってという言葉はシゴくということではなく、ネエチャンが折れろよ。11歳も年上なんだから。ということだろう。    リツコは3人兄弟で上に兄がいる。アメリカで寿司バーをアメリカ人と結婚して経営している。親としては、末っ子で可愛い弟を何としても手放したくないんだろう。兄のお嫁さんが一回だけ家に来た時、母がシツコク、これも食べろあれも食べろと話かけたら

「ノウ~~~~~~~~❗️」と笑顔で言われてしまい。さすがの母も酸欠の鯉の様に口をパクパクさせており、リツコは大爆笑して顰蹙を買ったのだった。

「オンナ、三界に家無しか…………」そんなことを考えながらリツコは吊り革に掴まっていた。「取り敢えず、アパートでも借りるか?弟の結婚がうまくいかなかったら、全部私のせいにされるじゃん……」「でもな~~~賃貸ってのもな~~」リツコの友人はもう2-3人自分でローンを組んでマンションを購入しているのだった。「自分も買うか?」ふと、目の前に座っている人の読んでる本が目に入った。ビッグチュモローという雑誌だった。

「年収300万のサラリーマンが2年で年収1000万‼️」リツコの目は見出しに釘付けになった。いてもたってもいられなくなり、「すみません、その雑誌読み終わったら貰えませんか?」と思わず言ってしまった。ぎょっとした顔で中年のサラリーマンがリツコを見上げた。シゲシゲとリツコを見ると憐憫の色が浮かんだ目で黙って雑誌をリツコに差し出した。リツコはひったくるように雑誌を貰いお礼もそこそこに記事を食い入るように読み漁った。いつの間にか停車駅になり、リツコは頭がグルグルしたまま会社に着いた。

「オ~~~~~~おはよう‼️」黄色い声で上司が媚びた挨拶をした。リツコがキレているであろうと思いおべっかを使っているのだ。「おはようございます…」上の空で答えると、上司は拍子抜けしたようだった。「昨日頼んだ集計出来てる?」明るさをよそおいながらリツコに話しかけた。「あーはい…」と言って集計結果を出した。簡単な仕事だが、時間がかかってメンドクサイ。だが、バッチリまとめられていた。「オ~~~~~~さすがだね〜〜」上司はイヤミを珍しく言わないリツコを不思議そうな目で見たが、「今日は早めに帰っていいからね〜」と言い消えて行った。リツコは自分のコンピューターを開くと、文字を打ち込んだ。  

「不動産投資」     

つづく

  人気ブログランキングへ

物件見学、妄想捏造連載小説

今日は、黄金様と東京の大家さんと3人で隣街の家を見に行きました。ボロかったけど、お買い得だなと思いました。その後3人でスパゲティーを食べながらギャースカ話しました。

妄想捏造連載小説      リアルエステート仮面    

 ・本小説はフィクションです。登場人物は全て架空の者です。内容については一切の責任を取りません。

 リツコは泣きながら、アイスを食べていた。夜11時、家に帰る道は真っ暗で、車のヘッドライトが眩しい。

「クソー‼️あのハゲ親父……超ムカつく。ナーニガ、君は優秀だから、このぐらいの仕事は朝飯前だろ。じゃねんだよ‼️」

リツコは上司から帰りがけに、面倒な仕事を押し付けられたのだった。アンケートの集計。しかも1200枚。

「自分は帰りやがって‼️クソー‼️穴に落ちやがれ‼️朝飯前の仕事は朝頼めよっ‼️」

リツコは確かに優秀だった。大学は国立大学を出て、弁もたつ。行動力も抜群。ただし、一言多い上に可愛げというものが無かった。現在35歳になるが、彼氏は3年ぐらい居ない。最後の彼氏が最後に言った言葉は映画でも小説でも漫画でも良く使われる陳腐なものだった。

「君は強いから、俺が居なくても大丈夫だろ?でも、彼女は………」と言いかけたところで、飲んでたコーヒーを頭にぶっかけた。あちーチチ‼️何すんだよ‼️と叫ぶ男にテーブルを足で蹴って男の方に思いっきり倒し、ギャー‼️っと店じゅうの人が振り返るほど叫び走って店を後にした。ムカついたので、男の実家とアパートにピザ12枚と寿司14人分を各々注文してやった。ムカつくことがあると、良く、その光景を思い出した。

「ただいま〜…………」家の玄関を開けると母親が出てきた。

「ヤット帰ってきたわ。ねえリツコ、話があるのよ〜〜」「何?」「実はね弟が出来ちゃたのよ〜〜赤ちゃん。」「はあ⁉️」「だから、彼女と結婚するの‼️」「へ〜〜。おめでとう…………」「本当だったら、あんたが先に結婚するのが普通なんだけどさ。」「うるせ〜な~~~」「オ~~~~~~コワイ」「はあ、疲れて帰ってきたのにケンカ売ってんのかよ‼️」「まあまあ、でね……2階のあんたの部屋、開けてくんない⁉️で、1階の3畳の物置になってるとこに移動して欲しいのよ〜〜」「はあ⁉️」「だって、あんた寝に帰ってくるだけじゃ無いの‼️」「……………」

仕事でヘタレた上に家でも居場所がない。リツコは就職したての頃の花々しさはどこに行ったのだろうと思いながらリビングのソファーに座った。「あんた、そこで寝ないでよ〜〜‼️それと、スグに化粧落としなさいよ。スゴイ顔よ。」「……………」リツコはノロノロと立ち上がり、自分の部屋に入った。ベッドに倒れこむと、色々考えなきゃと思いながら、そのまま寝てしまった。

つづく

  人気ブログランキングへ

ナゾの大物投資家W氏

今日は、超高級住宅街の方からナゾの大物投資家W氏がゴミ屋敷にやってきました。W様には大きなタンスを2階から1階に降ろして戴く事になりました。タンスがデカかったので階段の途中でニッチもサッチも行かなくなり又部屋に戻しました。で、バールとインパクトドライバーとチップソーでタンスをバラバラにしました。W様は超真面目な性格だと言うのが作業から推察されました。ガンガン壊して家の前のスペースに置きました。

  
運んでいる途中でW様が段差で思いっきりコケて足を痛めました。

  
マツキヨでバンテリンを買って塗りました。その後、ココスに行って語り合いました。2人共、サラリーマンは辞めてしまったのですが、なんで辞めようと決心したののか2人で考察しました。結論は

仕事はヤリガイモ感動もあったけど、ダンダン、ルーティーンになってきてそれが薄れてしまった。だから、好きな投資を思いっきりやりたかった。同じ仕事をズーッとしていると、もうここでイイヤっと思った瞬間があった。

ということにまとまりました。 W様は超クレバーなので会話がとても楽しかったです。その後、スーパーなホームセンターに行って買い物してドトールに行き精神について語り合いました。超面白かったです。

さて、この頃リフォームがひと段落してダレています。これから10日は片付けばかりなので、ブログで書いても皆様、面白く無いのでは無いかと思います。つきましては下記の4つから行動を選択したいと思います。一番リクエストが多かった番号の行動をします。又、何にも反応がない場合は1番にします。

1 これからは面白いと自分が思った時にだけブログに書く。絵は描きたい時に描く。

2 多少、つまらなくてもいつも通り、その日にあった事を書く。

3 後片付けでなく、自分が家をリフォームしたり買ったり貸したりしている事についての雑感をとりとめなく書く。

4 適当に捏造して書く。

よろしくお願い申し上げます。

  人気ブログランキングへ

家が好きです。買っては、なおして貸す。これを繰り返すこと、15年……リフォームや家に関しての日々の雑感を書き込んでいきたいと思います!