リアルエステート仮面10

リツコが新宿に行った時、ユウキは爽やかな真っ白の麻のシャツとリーバイスのジーンズで立っていた。リツコはユウキに駆け寄ると、左腕に自分の右腕を絡ませた。ユウキは照れ臭そうに笑った。映画は楽しかった。

夕飯を食べて、ユウキと別れてリツコは家に帰ってきた。「あー〜今日はいろいろあったけど、楽しかったよ。しかし、一体いつになったら不動産買えるのかなぁ」とリツコは独り言を言った。風呂から出て、スマホで何気なく不動産という言葉を検索していると不動産競売情報という文字が目に付いた。

「何だ~~~❓裁判所で不動産売ってるのか………アレ、コレまじ安い‼️」リツコはデカイ声で独り言を言いながら食い入るように画面を見た。

横浜地方裁判所「鎌倉か………チョット遠いなぁ〜〜でも、安いなぁ」bitというサイトにのっていた家は78万円だった。写真では結構な山の中だった。特別売却。つまり期間入札では入札は無く、特別売却が開始しても、まだ売れて無いのだ。「うーん気になる…………」リツコの頭の中はその物件の事で一杯になった。特別売却が終了するのは水曜日だった。「よし‼️明日超特急で仕事して、明後日の午後から見に行こう‼️」決心すると髪の毛を乾かして、スグに寝た。

次の日、リツコは又早く会社に行った。めずらしく上司も来ていた。「オ~~~~~~、リツコ君、早いね〜。ちょうどいい、この仕事やってくれる⁉️」「イイェッサ〜‼️」とリツコは大きい声で言うと、凄いイキオイで仕事をやり始めた。昼もほどほどにして、集中して仕事をして、その日のうちに8割は終わりになった。あー良く仕事した。と思いながら家までの道を歩いているとユウキから電話がかかってきた。

「あー、ユウキさん。私、凄い物件見つけたんですよ〜〜‼️」とリツコは78万円の家の事をユウキに言った。「エッツ‼️そんなのが残ってるなんて変だなあ。」「ユウキさん、私、明日チョット早引けして見に行こうと思ってるんです。」「エ~~~~~~‼️リッちゃん、止めなよ‼️」「大丈夫ですよー」「くれぐれも気をつけてね‼️」「わかりました。」とリツコは言った。頭の中は78万円の家の事で一杯だった。

次の日も、早く起きて会社に行き、超仕事をした。昼頃には終了して上司に見せた。若干の手直しが入ったが2時にはOKが出た。「リツコ君、この頃頑張ってるね〜‼️」「へへへへ、今日はこれで早引けしてもいいですか?」「うん、いいよ。又明日ね〜‼️」ヤッタ〜‼️リツコは満面の笑みで駅に向かった。電車の中で、ユウキに「これから偵察です‼️」というメールを送った。

鎌倉に着いた。スマホを頼りに歩いて行くと、ドンドン高台のうっそうとした、まるで別荘地のような場所に辿り着いた。「アレ〜……どこかなぁ………」写真の家は見つからなかった。リツコは途方にくれた。ふと、見ると、なぜかうっそうとした木の下に占い師が座っている。「よく当たる黄金の占い」と立てた札に書いてある。

「あのー…………お聞きしますが、ここの住所はどうやって行くんですか?」と聞くと「あー、ここね………ここはこの道を真っ直ぐに行くと辿り着ける……………でも、あなた、ここでどうするつもりなの?」「イヤ〜、そのー家が見たいなと………」「そう…………どうしても行くつもりなの?………」「エ~~~~~~エッツ、まあ………」「そう……ならば、この杖を貸してあげるわ。キット役にタツ………何かあったら、一番好きな人の事を強く想うのよ……」と杖を差し出した。「ありがとうございます」と言って、リツコは占い師、黄金の指差す方に歩いて行った。

道はしばらく行くと、森のように鬱蒼としてボコボコと出た木の根、タレ下がった枝、まるでハリーポッターの映画のようだ。こんもりとした落ち葉の上に乗った途端、リツコの体は重心を崩し下に滑るように落ちそうになった‼️

「アー‼️」リツコは叫んだ‼️リツコは驚いた。ナント、家はリツコの遥か足の下、10mは下に地面と共に落ちているのだった。黄金のくれた杖が木の根に絡み、辛うじて下に落ちずにすんだ。リツコは上半身だけ、杖と木の根にしがみついた。恐怖で声が出ない。「ユウキ、ユウキ助けて‼️」と心に強く念じた時だった。

「今助けるからシッカリツカマレ‼️‼️」と言う声が聞こえた。

タイガーマスクと青いTシャツ。リアルエステート仮面だった‼️

リアルエステート仮面はその辺のツルを体に巻き、凄い力でリツコの腕を引っ張り上げた。リツコのバッグが下に落ちていく。リツコの体が地面にもどると、リツコはワンワン泣きながらリアルエステート仮面にしがみついた。リアルエステート仮面もその場でリツコをキツク抱きしめた。リツコは泣きながら、リアルエステート仮面の心臓のドキドキする音を聞いていた。

何分たったんだろうか、辺りが薄暗くなり始めた。このままズーッとこうしていたかったけど、日が沈んだら、歩けなくなる。リアルエステート仮面が「さあ、とりあえず普通の道に戻ろう」と言った。リツコが頷いてユックリ立つとリツコの手を引いて慎重に歩き始めた。戻る道の間、リツコは「このまま、ズーッと手をつないでいたい」と漠然と思った。来た時は、長い時間歩いた感じがしたけど、帰る時は1分ほどで占い師がいた道に戻った。

占い師、黄金は、もうどこにもいなかった。手に持ってた杖もいつの間にか消えていた。

ふと見ると、リアルエステート仮面の左腕が木でケガして血が出ていた。リツコは「ごめんなさい……」と又涙ぐんで、ポケットに入っていたハンカチで傷口を縛った。「大丈夫だ…さあ、東京に帰ろう」とリアルエステート仮面は言った。駅でリアルエステート仮面にお金を借りて2人で電車に乗り並んで座った。周りの人が全員2人を見たがリツコは全く気にならなかった。疲れてリツコは寝てしまった。気がつくとリアルエステート仮面は、もういなかった。

リツコは凄く淋しくなって、又涙ぐんだ。泥だらけのリツコは、やっとこさっとこ家に辿り着いた。

つづく人気ブログランキングへ

シロアリさんとクロアリさん

今日は、あまりにもヤル気がでず、5時に起きたにもかかわらず、ゴミを捨てに行ってから風呂に入って、ビージーズのマサチューセッツを熱唱して、その後キャッスルとアメリカンビンテージ大修復を見ました。さすがにヤル気が出たので、昨日の続きをやりました。

ネダとオオビキのような木をチップソーで切りまくって外に持って行きました。オオビキのような木を切った瞬間、アイツラがワラワラ出てきました。

キモーーーー‼️デモ、仕方ないので外に持ってて積み上げました。 

 くぎが出てると持っててくれないので、外でひたすら取りました。その度、道路にアイツラが散らばります。キモーーーー‼️と思ってしばらく作業に熱中してたら、クロアリがやってきて、超嬉しそうにシロアリを捕まえて食べたり、巣に持ち帰ったりしていました。テイクアウトです。かなりの数のクロアリがやってきてシロアリと粉みたいなのを、ほとんど持っててくれました。

ありがとう‼️クロアリ‼️なんていいヤツなんだ‼️

だめな部分を取った後良く見てみると

  
前のリフォーム工事のゴミがたくさん残ってます。カビ臭いです。キッチンをフローリングに直したらしいのですが、そのゴミを下に捨てたらしいです。仕方がないので、匍匐前進で下に潜って拾えるゴミは拾いました。ついでに木の調子を見たら、全然大丈夫でした‼️良かったです。しかし、土台が一本全滅です。 

 

ビニール手袋して、だめな部分を取って、シロアリの薬を塗りました。で、怪しそうな所にシロアリハンターを埋めて置きました。

  
塗ったのはホウ酸タイプのヤツです。この辺だと帝国にしか売ってません。殺虫剤タイプのもいいと思うのですが、塗ってない場所に大移動するような気がします。

コンバットのように食べてシヌタイプの方がいなくなる気がします。でも、スグにではなくて、しばらくしてからジョジョにいなくなっている感じです。

どちらにしても、早く絶滅しろ。

  人気ブログランキングへ

スギ板撤去、アイツラ……

今日は昨日の続きで、まず2階の残りを取りました。そして、掃除しました。最後の方で掃除機が2台とも調子悪くなり、今一つ完璧に掃除できませんでした。しかし、ゴキブリの卵の殻が結構落ちてました。コンバットを置きました。この段階で、すでに4時間経過しました。市の防災アナウンスがなっています。もう、小学生が帰る時間です。

  
  
疲れてくると、1階の天井を踏み抜きそうなので、コメダコーヒーに行ってオグラトーストを食べました。

で、本当に心の底からやりたくないんですが、1階のシロアリのスギ板をはがすことにしました。大変かと思ったら、完璧に腐っておりペキペキ簡単にとれました。で、どんどん取っていくと、ネダもアイツラが食べていました。それだけでなく、柱も土台の一部も食べていました。写真に撮ろうと思いましたが、アイパッドが腐ると困るのでやめました。

  
写真だと分かりズラいですが、酷いです。自分が手がけた物件の中で3番目に酷いです。

ギャース‼️‼️‼️

アイツラメ………………………………………絶滅しろ…………柱の一つは50cmぐらいスカスカです。超ムカつきます。

全く、なんだって新聞紙を何年間も捨てないで、畳の上に置いておくんだよ⁉️なんで、ゴミを捨てないんだ⁉️なんでなんだヨ~~~~

第一、この部屋、オオビキがないんじゃね⁉️

ギャース‼️明日はどっちだ⁉️

  人気ブログランキングへ

繊維壁落とし、畳捨て、床板撤去

土曜日にキッチンを外そうとしたら、ビルトインコンロで自分では外し方がわかりませんでした。いつもの住設屋さんに電話したら来てくれてガスの栓を閉めてくれました。しばらく雑談して残置物で取っておいた新品のトースターなどをあげました。ついでに外に出すのも手伝って貰いました。

  
その後少し繊維壁を落としました。

  
なんか、凄く綺麗にとれました。その後、nsx松田夫妻と友人2人の5人で飲みに行きました。超楽しかったです。

さて、今日は繊維壁の残りをカサイ様がとってくれましたすごく良く取れるので、楽しいを連発していました。今日はさらに、食い太郎夫妻、N様もやって来て、畳を外に出してくれたり、掃除してくれたりして、板を外してくれて、超、超、超、超助かりました‼️本当にありがとうございます‼️

  
  
釘もとらないと持って行ってくれないので、かなりめんどくさかったのですが、食い太郎奥様が大活躍でした。

私といえば   あーーーーーーーつかれたーーーーーーーーあ 〜疲れた。とダラダラしており、皆さんのじゃまばかりしていました。

困った人間です‼️

一階の畳をあげたらシロアリがかなり食べていましたく。まったく‼️

  
きたねえなあーーーーーー。明日と明後日頑張ろうっと

 人気ブログランキングへ

リアルエステート仮面9

日曜日、リツコは映画は楽しみだが、ランチはどうなるのか少し不安だった。

「スゴイ、いい物件紹介してくれるかなぁ〜〜ウーン……」さすがに先週の出来事が頭をかすめた。「まあ、女子会だから、大丈夫だろう‼️」と能天気なリツコはダンダン楽しくなってきた。

銀座の待ち合わせのレストランに11時半についた。入り口でアヤコが「嬉しいわ‼️ちゃんと来てくれたのね〜〜」とにこやかに出迎えてくれた。「会費は1万円です。」と別の女性が言った。「ナーーニーーーー‼️1万円〜〜⁉️」心の中でリツコは叫んだ。ランチで1万円とは、ケチなリツコはもうイヤになっていた。

クラブの会合がスタートした。「今日は、新しい方がお見えです。リツコさんですわ。」とアヤコがリツコを紹介した。リツコはヘラヘラ挨拶した。クラブの人は結婚式に行くかのようなドレスを着ていた。リツコは真っ白なワンピースにネイビーブルーの麻のカーディガン、髪は耳の後ろで1本しばり。耳にはラピスラズリのピアスをし、クツはターコイズのストーンが先についているミュールを履いていた。「すでに場違いでござるよ〜〜‼️」とリツコは心の中で言った。

アヤコが投資についての心構えについて、喋っている間、リツコは出された料理をひたすら食べていた。何しろ1万円だ。なので、結局は何も聞いていなかった。「それでね、リツコさん。」とアヤコはリツコに話しかけた。「私達のクラブのメンバーの方にはあるものを用意して欲しいの。」「何ですか〜〜」とリツコはパンを食べながら答えた。「玄関に飾るアメジストと自分を見つめる水晶の玉よ。」「はあ⁉️ナンジャソリャー⁉️」とリツコは心の中で思った。アヤコはさらに、「そう言われても、直ぐには用意できないでしょう?だ・か・ら・リツコさんの分用意してあげたわ。」と言っておもむろにテーブルにデカイアメジストの塊と水晶の玉をのせた。「ホエー、くれるのかなぁ~~~でも、これから映画観に行くのにじゃまだなあ〜〜」とリツコが思っていると「リツコさん、この2つで40万でいいわ。」とアヤコが下卑た笑顔で言った。さらに「もし、リツコさんがお友達を紹介してくれたら、20万差し上げますわ‼️2人紹介して頂けたら、40万はスグにもとが取れてよ‼️」

リツコは言葉を失い、手に持っていたパンをテーブルに落とした。ケチなリツコが買うわけが無い。「まずい、又ダマされた‼️クウーどうするってばよ〜〜‼️」とリツコが思った瞬間、店が騒然となった。

「タイガーマスクよ❗️」「なんだ‼️ロケか⁉️」「リアルエステート仮面って書いてあるわ‼️」「警察‼️」

ハット、リツコが見るとリアルエステート仮面が店の入り口から、まっすぐこちらに向かって歩いてくる。アヤコにタイガーマスクの顔を近ずけて「マルチはヤメロ‼️」と怒鳴った。「何‼️何なの‼️」アヤコはキレ気味にウエイターを見た。ウエイターが2人、こちらに向かって歩いてきた。リツコは「あ、あ、あ、あの‼️この人、私の父なんです‼️」「し、失礼します‼️」と叫び、バッグをつかんで店を走って出た。リアルエステート仮面も素早く店を後にした。

「君‼️ネズミ講やマルチには気をつけろ‼️」と言いリアルエステート仮面はスゴイ速さで道の角を曲がった。リツコもその角まで行ってみたが、リアルエステート仮面の姿は無かった。

「又、助けられたよ…………」リツコは呆然と立っていた。その時電話が鳴った。「リツコさん、ユウキです。大丈夫ですか?」と爽やかにユウキが言った。もう一時だった。「あー、ユウキさん、大丈夫です‼️」リツコは嬉しそうに答えた。「新宿駅で待ってます。」「わかりました。スグに行きます‼️」リツコは駅の鏡で化粧をなおすと髪を撫でつけルンルンと新宿に向かった。

つづく人気ブログランキングへ

家が好きです。買っては、なおして貸す。これを繰り返すこと、15年……リフォームや家に関しての日々の雑感を書き込んでいきたいと思います!